初心者が知っておきたい、株とFXの違い

株と並んで投資家を賑わわせているのがFXです。

FXとはそもそも何でしょう?初心者は「なんか怖そう」「ハイリスクすぎる」という印象を抱きがちですが、FXは初心者でも投資ができるのでしょうか。

それも含めて勉強してみましょう。

【FXの特性と株との違い】

FXの正式名称は「外国為替証拠金取引」です。

簡単にいうと、株は「会社(銘柄)」に投資し、FXは「通貨」に投資をするのが最大の違いです。

株で取り扱い可能な銘柄は数千にも及びますが、FXは約30種類の通貨から選択することになります。

また、24時間取引可能であることと、初期投資の資金が低いことも特徴です。

これは、FX特有の「レバレッジ」という取引方法を行っているためで、投資金額の25倍もの金額で実際は取引を行っています。

1万円をひとつの通貨に投資するなら、初期投資額は25万円ということになります。

また、株には配当金がありますが、FXには「スワップポイント」というよく似た利益が発生します。

要するに金利のことで毎日もらうことができますが、逆に取られることもあります。

FXのほうが、株よりも投資金額が少なめであることと、24時間取引可能なため多忙なサラリーマンでも取引できる、取り扱っている通貨が少ないため選ぶ苦労が省ける、という点ではメリットがあるでしょう。

また、FXの大きな特徴であるレバレッジ取引を最大に利用すると、少ない投資で大きなリターンを得ることができます。

その代わり、初期投資が多くなればなるほど、ロスカット(株でいうところの損切りを強制的に行われること)が発生すると大損をすることもあります。

初心者には一概にどちらがオススメとはいえませんが、株との違いをよく理解して、自分に合った投資スタイルで選びましょう。

【FXの失敗談】

・Sさん FXを題材にした自身の漫画連載のために、余裕資金でなくアトリエ建設のために貯めていた1000万円をFXに投資。

まったくチャート分析を行わず、ハイレバレッジとナンピンの買いを続けたおかげで、強制ロスカットの憂き目に遭い一晩で数千万円の損失を被った。

・Xさん 主婦のため、誰に知られることもなくお小遣い稼ぎのつもりでFXに手を出した。

投資金額を少なめにする予定だったが、儲かったため味をしめて投資額を増やして使い込んでしまった。

損切りのタイミングを自分で見極められず数百万円の損を出してしまった。

【まとめ FXや株はギャンブルなのか】

こうした失敗談を読むと、FXや株はギャンブルなのかと思いがちですが、投資はギャンブルのような娯楽ではありません。

やるのなら、事前に勉強をする、シミュレーションをする、絶対に余裕資金以外から投資しない、投資後も分析をするなど努力が必要ということを覚えておきましょう。

株の取引は少額からでもできるのか

今まで株の取引きは単元で行うということを説明してきましたが、そこまでの予算がなかったり、リスクを考えてできるだけ最初は少額から取引したいという初心者もいます。

少額で株を買うことはできないのでしょうか。

もっと詳しくミニ株について知りたい方は参考記事を御読みください⇒⇒「ミニ株」最後の徹底解説

この記事では参考を元に、ミニ株について話していきたいと思います。

【1万円から投資は可能か】

ネットなどの広告を見ていると「1万円から投資ができる」というキャッチコピーの広告を見かける機会も多いと思います。

実は、ネット証券を中心に1万円からの少額投資を行っている証券会社があります。

一般的に「ミニ株」という名で知られていますが、商品名は証券会社により異なります。

もちろん銘柄によって、少額投資ができないところもあるので注意しましょう。

ミニ株の中でも人気の銘柄は、トヨタ自動車やソフトバンク・東レ・USENなどです。

大手企業でも気軽に投資ができるのは大きな魅力ですね。

【少額投資でも儲かるのか】

気になる手数料ですが、少額投資の場合も手数料は多少なりともかかります。

1回の取引に対して50~100円程度のところが多いですが、月の取引が10万円未満であれば手数料は無料という証券会社もあるので、いろいろホームページを見て検討しましょう。

初心者の場合、ミニ株だからといって気軽にあちこちの銘柄に手を出すと大損をしてしまう可能性があります。

少額だからこそ自分なりにルールを決めて投資を行いましょう。

例えば「月10万円以上は投資しない」「信用取引(信用度を利用して証券会社から貸付のようなかたちで投資を行うこと)をしない」「ロスカットのタイミングを決める」などです。

少額投資の場合はどうしても値動きの大きな銘柄はリスクが高いため、値動きが緩やかな銘柄を購入し、中長期的な目で投資を行うことになります。

ゆえに、短期間で爆発的に儲かるということはありませんし、そもそもの投資額が少ないため利益もそれなりになると考えたほうがよいでしょう。

【ミニ株のサービスについて】

通常の株取引と比べてミニ株サービスの最大の利点は、単元未満株で買えるということです。

最低100株(1単元)よりも少ない株数で購入可能な銘柄で、証券会社の中には1株からでも可能というところがあります。

この場合1株が1万円以下でも購入可能です。

配当金や株主優待についてですが、基本的に株主優待はつかず株主総会に出席する権利もありません(ただし証券会社によっては抽選でもらえる場合もあります)。

配当金については、持ち株に応じた配当金は分配されるため株数が少なくても支払われます。

初心者のための株知識

株だけではないですが、利益を受け取った場合には税金は発生します。

株の初心者で、とくにサラリーマンなどは年末調整をしているから確定申告をしたことがないという人もいるのではないでしょうか。

これを機にしっかりと覚えましょう。

【株の利益にかかる税金】

株の売却益は所得となるため、所得税が発生します。

税率は20%となっており、取引口座が特定口座(源泉徴収あり)を選んでいる人のところには、実際の売却益が口座に入金されるときには既に源泉徴収されています。

もちろん配当金も所得となるため税金の対象となります。

税率や入金方法は売却益と同様です。

【確定申告の不必要について】

上記のように、特定口座(源泉徴収あり)を選んでいる人はすでに税金を納めているため、基本的には確定申告の必要はありません。

ただし、株で得た利益が年間20万円以下だった場合には、税金を払い過ぎている可能性があるため還付される可能性があります。

その場合は確定申告をした方がよいでしょう。

もし確定申告をしなかった場合は税金は戻ってこないため損をしてしまいますし、源泉徴収なしの特定口座を選んでいる人が確定申告をしなかったら追徴課税が課されるため、自分が確定申告が必要かどうかを調べる必要があります。

【損をした時こそ確定申告を】

通常、損をしてしまった時は確定申告をしても意味がないのでは?と初心者は考えがちですが、損をした時こそ確定申告を行うのが鉄則です。

複数の証券会社で株を保有している場合、「損益通算」という制度を使い利益と損益を相殺することができます。

例えば、A社で100万円の利益が出たのに、B社で100万円の損失が出れば相殺されるため利益は0円となるため税金はかかりません。

また、保有している株が全部マイナスだったという人も確定申告をしておきましょう。

損益通算の他にも「繰越控除」が適用されるため、翌年度に利益が出たとしても損失分が繰り越されるためその年に払う税金が少なく収まります。

ただし、3年を超えての繰越はできませんので注意しましょう。

【確定申告に必要な書類】

確定申告の方法は、一般に行われる確定申告のやり方と同じです。

ネット上で手続きができるe-tax(事前登録が必要)、国税庁のHPから書類をダウンロードして数字を入力してプリントアウトする方法、もし難しいということでしたら所轄の税務署で相談を受けながら申告の手続きができます。

必要な書類は源泉徴収票と証券会社から発行される「特定口座年間取引報告書」です。

納税は国民の義務なので、しっかりと行いましょう。

株の取引で失敗したときのリスク

当然ですが、株取引は必ず利益が出るものではありません。

初心者は目先の利益にとらわれて忘れがちですが、リスクがあることを頭に入れておきましょう。

【株のリスクを学ぶ】

株のリスクは、「値下がりリスク」「流動性リスク「倒産リスク」に大別されます。

値下がりリスクとは、株価が下がるリスクのことを指します。

流動性リスクは、株価の流動性が少ないがために売却をする際、思ったような利益を得ることができないリスクです。

倒産リスクは、文字通り会社の倒産によるリスクです。

会社が倒産してしまえば、持っている株の価値はなくなってしまいます。

初心者が株で損をしてしまいがちな原因はリスク管理ができていないことと、損切りのタイミングができない、ナンピンでさらに焦げ付かせてしまうなど、慣れが必要なテクニックに乏しいことにあります。

【損切りとナンピンを知ろう】

「損切り」とは、購入時より株価が下がり続けている時に、損をすることを前提に株を売却することです。

もう少し待てば上がる可能性があるのではないか?と初心者は思いがちですが、株がいつ上昇するかなどは予想がつきにくいことですし、タイミングを逃せばもっと低い値段で売却しかねないため、そうなってしまうと結局大損になってしまいます。

大損しないために小さな損で小難に抑える損切りとは、ある意味リスク回避の方法といえます。

「ナンピン」とは、当初購入した株の値段が下がっている時に、更に株を買い足すことを指します。

買い足すことによって株の購入費の平均を安く抑えることができ、一見よさそうな買い方に見えますが結局高値で最初購入しているため得とはいえず、オススメはできません。

ナンピンをするなら、損切りを積極的に行って他の成長しそうな銘柄を買いなおす方が賢明といえます。

【株に失敗した人の体験談】

・Aさん 50万円の元手で投資を初め、ビギナーズラックで100万円の利益が発生した。

気が大きくなって、信用取引に手を出して数千万円の取引をしていたら、ライブドアショックが発生し、数千万円の損失。

結局株を始めた頃の資金しか残らなかった。

・Bさん 10年かけて500万円まで利益を出したが、強制ロスカットが連続して起こったため翌日には何も手元に残らなかった(FX)。

・Cさん 家族の生活費に手をつけた。

しかし、ナンピンをしてもいつまでも株価が上がらなかったため、何度もナンピンをしていたら多額の売却損が発生するはめになった。

このように、必ず余裕資金から無理のない投資をすること、取り返そうとして追加投資をしないことをしないと、思わぬ犯罪行為にまで発展し人生をつぶしかねません。

失敗談から学ぶことも大事です。

初心者のための株知識

いよいよ投資を始めてみようと思った時に、資金はいくら必要なのでしょうか。

また、株取引の口座、売り時買い時など、株のお金にまつわる疑問は初心者にはつきものです。

しっかりと知識を蓄えてから投資に挑戦しましょう。

【投資を始める際の最低限の資金】

株式投資でしっかり稼ぎたい、という人はやはりそれなりの軍資金は必要になってきます。

ですが、初心者の中には年収が少ないゆえに株で稼ぎたいという人もいます。

投資資金の目安は年収で変わってきます。

例えば年収300万円程度の人だと、一般的には年収の1割程度が自由に使えるお金(余裕資金)とされています。

余裕資金は約30万円ですが、そのすべてを投資に回すわけにはいきません。

急な資金が必要なための貯金などに回す分も必要です。

それを考えると大体10~15万円が投資に回せるお金と考えてよいでしょう。

投資家のトレンドとして10万円以下で購入可能な「10万円株」を使いこなしている人が増えています。

軍資金が少ない人でも10万円以下の株を2種類購入し、ひとつを中長期型で保有し、もうひとつを効率よく売却して儲けを出すという方法もあります。

また10万円株は購入可能な銘柄も多く、1万円から始められるミニ株や単元未満株なども含まれます。

ただし、ミニ株などはそもそもの投資額が少ないため大きく利益を出すことは難しいでしょう。

やはりじっくりと株を楽しむのならば100万円株でしょう。

株が跳ね上がった時に売却をすれば大きなリターンを得ることができます。

【口座開設~売買のポイント】

株を始めるとなったら、口座の開設が必要です。

口座は証券会社の窓口で開設するか、ネット証券の場合はインターネット上で手続きが可能です。

口座の開設には約1週間ほどかかりますが、ネット証券の場合は2~3日のところが多く、最短では即日というところもあります(ただし、営業日や時間帯によります)。

開設可能な口座には一般口座・特定口座(源泉徴収あり・なし)の3種類ありますが、初心者は確定申告が不要な特定口座(源泉徴収あり)を選ぶのがオススメです。

また、口座にも証券会社ごとに特徴があり、手数料が一定料金まで無料であったり、自社のショッピングに使えるポイントをもらえたり、メルマガで投資に関する有益な情報が送られたり、IPO(未公開株)の当選確率が上がるなどさまざまです。

その中でも、SBI証券・楽天証券・カブドットコム証券・松井証券はとくに人気です。

口座を開設したら、メルマガなどを駆使し、どの銘柄が買い時・売り時なのかを見極めましょう。