初心者が取引前に知っておきたい株の基礎知識

実際に株の投資を初心者が行うにあたって、最低限知っておきたいポイントがいくつかあります。

投資を行う前に必ず押さえておきましょう。

【株とはどういう仕組みなのか】

「株」の定義をはっきりと答えられる人は少ないのではないでしょうか。

簡単にいうと「会社を経営するために、(株主から)集めた資金の証明」が株の正体なのです。

会社を経営するには資金が必要です。

その資金を出してくれる人が株主で、株主から集めたお金を元手に経営を行い業績を上げることが会社のいちばんの目的となります。

では、なぜ株価は変動を繰り返すのでしょう?それは簡単で「市場の影響を受ける」からです。

業績が良ければ配当金が出ますし、悪ければ倒産の危機にもなってしまいます。

株主は当然業績のいい会社の株を欲しがります。

欲しがる人が多ければ、自然と値段は上がりますし、業績が悪くて欲しがる人がいなければ株価は下がるのです。

【株取引にかかる諸費用について】

株には売買手数料が発生しますが、実はそのほかにも諸経費がかかります。

株を始めるときに口座を開設しますが、口座管理費が年間数百円程度かかります(ネット証券はおおむね無料のところが多いです)。

そして忘れてはいけないのが税金です。

株の売却益や配当金は当然税金がかかり、税率は20%です。

口座開設時に特定口座(源泉徴収あり)を選んだ人は既に税金を差し引いて支払われているため、確定申告の必要はありません。

【株価チャートを理解してこそトレーダー】

初心者が初めてそれを目にしても一体何を指しているのかわからない…そんな印象があるのが株価チャートですが、しっかり覚えておきましょう。

チャートの中に、ろうそくの絵のようなものがありますがこれを「ローソク足」と呼びます。

白いローソク足と黒いローソク足がありますが、白いローソク足のいちばん下は始値(1日であれば、その日の最初の株価)、いちばん上は終値(その日の終わりの値段)、上下にヒゲと呼ばれる線がありますが、下のヒゲは安値(その日の中でいちばん安い値がついた)、上のヒゲは高値(いちばん高い値段がついた)と呼びます。

逆に黒いローソクは下が終値となっており、期間内に株価が下がったことを意味します。

ローソク足の動きで売り時か買い時かを判断することができます。

ローソクやヒゲが長かったり全くヒゲがなかったり、ヒゲしかないときもあります。

簡単にいえば、株価が上昇したことを表す白ローソクは買い時、下落した黒ローソクは売り時と判断してよいでしょう。

また値段の上下が少ない時は様子見、ローソクがなく十字になった時は転換を表します。